Unity事例ノート

UNITY

時間が経つほど間隔を短くする

時間が経過するほど、実行間隔を短くできるように、スクリプトを作成してみましょう。

ボールの発射を2秒間隔からスタートしますが、時間経過とともに、0.2秒ずつ間隔が短くなっていきます。

タイマーが進むにつれて発射のペースが早くなり、最後は連射状態になります。

関連記事:
ボタンを押しているときだけ間隔時間を縮める
1秒おきにPrefabをランダム表示・非表示
マウスを押した時間だけオブジェクトを拡大
指定した秒数になればオブジェクトの種類を変える

時間経過とともにペースを上げる

Cubeを作成します。

Sphereを作成し、リジッドボディを追加します。

Sphereをプロジェクトビューにドラッグ&ドロップし、プレハブに変換します。

Sphereの元データは削除しておきます。

BallShot.csを作成し、Cubeに追加します。

BallShot.csを記述します。

プレハブのフィールドに、Sphereのプレハブデータを入れます。

ゲームプレイしましょう。

スタートでは2秒経過してから発射。

その後、時間が経過していくうちに、だんだん発射間隔が短くなっていきます。

関連記事:
ボタンを押しているときだけ間隔時間を縮める
1秒おきにPrefabをランダム表示・非表示
マウスを押した時間だけオブジェクトを拡大
指定した秒数になればオブジェクトの種類を変える