Unity事例ノート

UNITY

Sliderの表示・非表示を切りかえ

スライダーの表示と非表示を、スクリプトで制御してみましょう。

Cubeをクリックするたびに、表示・非表示を繰り返します。

クリックするたびに表示切り替え

Cubeオブジェクトと、Sliderを作成し、中央に配置しました。

SliderActive.csを作成し、Cubeに追加します。

SliderActive.csを記述しましょう。

スライダーには、Sliderオブジェクトを入れます。

プレイして確認してみましょう。

このようにifとSetActiveを用いて、UI.Sliderを表示・非表示させています。

クリックで切り替えるために、sliderBoolというフラグを作成しました。

UIスライダーを入れる変数は、Sliderという変数型を使用します。