Unity事例ノート

UNITY

同じタグのオブジェクトをカウントする

タグを付けたオブジェクトを生成し、タグごとに集計できるしくみを作りましょう。

今回は、キューブ、スフィア、シリンダーの3種類をクリックでランダム生成。

種類ごとにカウントして、テキストで表示します。

関連記事:【Unity C#】同じタグのついたオブジェクトだけを消す

タグの追加とPrefab作成

Cube、Sphere、Cylinderを作成します。

Cube、Sphere、Cylinderの名前でタグを作成し、各オブジェクトに設定します。

プロジェクトビューにドラッグ&ドロップし、それぞれPrefab化します。

元データは削除しておきましょう。

テキストの作成

3つのテキストを作成します。

名前をそろぞれCubeText、SphereText、CylinderTextにしました。

テキストの内容を書き変え、色、サイズ、位置を調整します。

タグを数えるスクリプト

空のオブジェクトを作成します。

GameManager.csを作成し、GameObjectに追加します。

GameManager.csを記述します。

PrefabArrayという項目を展開すると、サイズのフィールドが出来ています。

ここに3を入力すると、要素0~3が出来ます。

それぞれのPrefabデータを入れましょう。

要素0~3のオブジェクトが、ランダムで生成されるようになります。

続いて、3つのテキストをフィールドに入れます。

ゲームプレイしてみましょう。

クリックで、3種類のオブジェクトをランダム生成。

タグ(種類)ごとに、出現した数をカウントして、テキストで表示します。

関連記事:【Unity C#】同じタグのついたオブジェクトだけを消す