Unity事例ノート

UNITY

リストのサイズ(長さ)を取得

リストの長さ(サイズ)を取得できるように、スクリプトを作成しましょう。

クリック操作で、リストからオブジェクトを削除し、そのサイズをコンソールに表示します。

関連記事:
リストの中で最後に追加された要素から削除
リストを古い要素(先頭)から削除
リストの中で指定した要素を削除
ぶつかったオブジェクトを順に配列に入れる
ぶつかったオブジェクトの名前をリストに追加する
リストの中が0になるまで生成する
リストの中をすべて表示・非表示

Countでサイズを取得

3つのオブジェクトを作成して、配置します。

空のオブジェクトを作成します。

ListScript.csを作成し、GameObject(空のオブジェクト)に追加します。

ListScript.csを記述します。

リスト名.Countで、リストのサイズ(長さ)を取得することができます。

MyListのサイズに3を入力し、3つのオブジェクトを入れましょう。

ゲームプレイして、画面をクリックします。

リストの中のオブジェクトが削除されて、非表示になります。

このリストサイズ(長さ)の変化が、コンソール上で確認できます。

関連記事:
リストの中で最後に追加された要素から削除
リストを古い要素(先頭)から削除
リストの中で指定した要素を削除
ぶつかったオブジェクトを順に配列に入れる
ぶつかったオブジェクトの名前をリストに追加する
リストの中が0になるまで生成する
リストの中をすべて表示・非表示