Unity事例ノート

UNITY

カメラがオブジェクトを追従するしくみ

カメラがオブジェクトを追従する仕組みを見ていきましょう。

前回のCubeが浮上するシーンをもとにして、作成します。

前回記事:【Unity C#】クリックでオブジェクトを浮上

これを、MainCameraの撮影画面がCubeを追いかけるように、プログラミングしてみましょう。

関連記事:
【Unity C#】一定距離を保って動くMainCameraをつくる
【Unity C#】MainCameraにアクセスするスクリプト
【Unity C#】キーを押すたびにカメラアングルを切り替え
【Unity C#】ぶつかればカメラをズームアップ

一定距離を保つ

動きをつけるのはMainCameraになるので、ここに新しくスクリプトを付けます。

CameraOffset.csを作成し、MainCameraに追加しましょう。

コードは下記のように記述しました。

MainCameraのインスペクターに、ターゲット(target)の項目が表示されています。

ここには、Cubeを入れましょう。

プレイしてみます。

Cubeに対して一定距離を保ちながら、追従して撮影します。

関連記事:
【Unity C#】一定距離を保って動くMainCameraをつくる
【Unity C#】MainCameraにアクセスするスクリプト
【Unity C#】キーを押すたびにカメラアングルを切り替え
【Unity C#】ぶつかればカメラをズームアップ