Unity事例ノート

UNITY

ぶつかればカメラをズームアップ

プレーヤーが他のオブジェクトに触れた時だけ、MainCameraをズームさせる仕組みを作ってみましょう。

Sphereに触れたタイミングで、カメラが接近し、Cubeを近くで撮影します。

関連記事:
キーを押すたびにカメラアングルを切り替え
MainCameraがオブジェクトを追従
カメラを旋回しながら自動追従させる
主観ビューで動かす
マインクラフトのようなプレーヤー操作

ターゲットに触れるとカメラを接近させる

Planeの上に、Cube、Sphereを配置します。

Cubeにリジッドボディを追加します。

Sphereコライダーのトリガーにするにチェックを入れます。

CubeMove.csを作成し、Cubeに追加します。

CubeMove.csを記述します。

ゲームプレイして、Cubeを動かします。

Sphereにぶつかればカメラーがズームアップし、離れると元の距離に戻ります。

関連記事:
キーを押すたびにカメラアングルを切り替え
MainCameraがオブジェクトを追従
カメラを旋回しながら自動追従させる
主観ビューで動かす
マインクラフトのようなプレーヤー操作