Unity事例ノート

UNITY

ぶつかると逆方向に向きを変えて進む

他のオブジェクトに触れると、向きを変えてはね返るように、スクリプトを作成してみましょう。

Cubeが前に向かって進み、壁にぶつかれば、逆方向に向きを変え、また進んで行きます。

関連記事:
キャラクターを行ったり来たりさせる
OnCollisionEnterとOnTriggerEnterの違い

オブジェクトに触れると方向転換

Cubeを作成し、名前をWall1に変更。

サイズと位置を変え、トリガーにするにチェック。

タグ名をWallにします。

Wall1を複製して、Wall2に名前を変更。

位置を変えます。

ゲームビューではこのように見えています。

Cubeを作成して、座標をすべて0に。

リジッドボディを追加し、UseGravityのチェックを外します。

向いている方向をわかりやすくするために、Cubeに突起をつけましょう。

もう一つCubeを作成し、サイズを0.5に。

位置を変更しましょう。

Cube(1)を、Cubeの中に入れて、親子関係をつくります。

シーンビューでは、このように見えています。

CubeMove.csを作成し、Cubeに追加します。

CubeMove.csを記述します。

ゲームプレイしてみましょう。

壁オブジェクトにぶつかると、180度向きを変えて、また前に進みます。

関連記事:
キャラクターを行ったり来たりさせる
OnCollisionEnterとOnTriggerEnterの違い