Unity事例ノート

UNITY

配列のオブジェクトをキー操作で切り替える

配列(Array)に入っているオブジェクトを、十字キーで切り替えるように、スクリプトを作成しましょう。

要素0~2にある3つのオブジェクトを、左右キーで順番にスイッチして表示します。

関連記事:
左右キーでスイッチして順に入れ替える
キー操作で複数オブジェクトの表示を切り替え
ぶつかったオブジェクトを順に配列に入れる
配列にあるオブジェクトを要素番号で呼び出す
複数のオブジェクト名を配列に入れてテキスト表示
指定した要素番号にオブジェクトを入れる
指定した要素番号のオブジェクトを置く
識別番号によって処理を切り替える

配列のオブジェクトを左右キーで表示・非表示

Cube、Sphere、Cylinderを作成します。

空のオブジェクトを作成します。

ObjectChange.csを作成し、GameObjectに追加します。

ObjectChange.csを記述します。

要素0~2の中に、3つのオブジェクトを入れます。

ゲームプレイして、左右キーを押してみましょう。

配列(Array)に入っているオブジェクトが、順に表示、非表示をくり返していきます。

関連記事:
左右キーでスイッチして順に入れ替える
キー操作で複数オブジェクトの表示を切り替え
ぶつかったオブジェクトを順に配列に入れる
配列にあるオブジェクトを要素番号で呼び出す
複数のオブジェクト名を配列に入れてテキスト表示
指定した要素番号にオブジェクトを入れる
指定した要素番号のオブジェクトを置く
識別番号によって処理を切り替える