Unity事例ノート

UNITY

UIテキストの表示・非表示

UIテキストを消したり、表示したりできるように、スクリプトを作ってみましょう。

左クリックすると非表示になり、右クリックで表示されるようになります。

Textオブジェクトは、enabledを使って、表示と非表示を切り替えることができます。

関連記事:
コルーチンを使って1秒後にテキストを消す
タイムアップでテキストを表示
Enterキーでテキストを順送り
キー操作で長文テキストを次に進める

テキストを隠す・出す

テキストを作成し、サイズや位置、色を変更します。

ゲームビューではこのように見えています。

空のオブジェクトを作成します。

TextManager.csを作成し、GameObject(空のオブジェクト)に追加します。

TextManager.csを記述します。

UIテキストを扱う場合、using UnityEngine.UI; を忘れずに記述しましょう。

テキストのフィールドに、Textオブジェクトを入れます。

ゲームプレイしましょう。

左クリックを押すとテキストが隠れ、右クリックを押すと表示されます。

関連記事:
コルーチンを使って1秒後にテキストを消す
タイムアップでテキストを表示
Enterキーでテキストを順送り
キー操作で長文テキストを次に進める