Unity事例ノート

UNITY

飛んできたボールをキャッチする

前方から向かってきたオブジェクトを、キャッチできるように、スクリプトを作成してみましょう。

飛んできたボールに触れると、そのまま前方で保持。

Cubeを操作しても、ボールを保持したままの状態で動いていきます。

関連記事:
【Unity C#】前方からボールがランダムで向かってくる
【Unity C#】保持したボールをプレーヤーと同じ向きで発射
【Unity C#】音ゲーのノーツみたいなオブジェクト動作

プレーヤーの動き

Cubeを作成し、Z方向を下げておきます。

Cubeをスクリプトで動かします。

CubeMove.csを作成し、Cubeに追加します。

CubeMove.csを記述します。

飛んできたオブジェクトを保持する

空のオブジェクトを作成し、位置を変えます。

BallShot.csを作成し、GameObjectに追加します。

BallShot.csを記述します。

Sphereを作成し、リジッドボディを追加します。

Catch.csを作成し、Sphereに追加します。

Catch.csを記述します。

Sphereをプロジェクトビューにドラッグ&ドロップし、プレハブ化します。

Sphereの元データは削除しておきます。

GameObjectを選択し、プレハブのフィールドに、Sphereを入れます。

ゲームプレイしてみましょう。

飛んできたボールをキャッチ。

プレーヤーを動かしても、ボールを保持し続けます。

関連記事:
【Unity C#】前方からボールがランダムで向かってくる
【Unity C#】保持したボールをプレーヤーと同じ向きで発射
【Unity C#】音ゲーのノーツみたいなオブジェクト動作