Unity事例ノート

UNITY

バウンドの高さをスクリプトから調整

バウンドの力を、スクリプトから指定して、一定の高さになるようにしてみましょう。

物理マテリアルを使わず、ボールの跳ね返りをスクリプトから行うことで、常に一定の力でバウンドを続けます。

関連記事:
AddForceを使ったジャンプとvelocityによるジャンプ
オブジェクトに跳ね返り(バウンド)の設定
特定の座標まで行けば跳ね返る
着地していればジャンプ可能
着地していればジャンプ可能(Raycast)
クリックした方向へジャンプする
ボタン連打による急激なジャンプを制御

一定の高さでバウンドを続ける

PlaneとSphereを作成します。

Sphereを上に移動して、リジッドボディを追加します。

ゲームビューではこのように見えています。

BallBound.csを作成し、Sphereに追加します。

BallBound.csを記述します。

ゲームプレイしてみましょう。

変数bounceには、跳ね上がるパワーを入れています。

Planeにぶつかるたびに、上に向けて5.0のパワーを加え、常に一定の高さでバウンドし続けます。

関連記事:
AddForceを使ったジャンプとvelocityによるジャンプ
オブジェクトに跳ね返り(バウンド)の設定
特定の座標まで行けば跳ね返る
着地していればジャンプ可能
着地していればジャンプ可能(Raycast)
クリックした方向へジャンプする
ボタン連打による急激なジャンプを制御