Unity事例ノート

UNITY

オブジェクトの外周に沿って動く

オブジェクトに接しながら、周りを動いていく仕組みをつくってみましょう。

壁の外周に沿って、Cubeがずっと動き続けています。

Cubeが方向転換するタイミングは、4つの条件分岐の中に、それぞれフラグを立てます。

関連記事:
触れている間はイベントを発生させる
床の外側に沿って移動をくり返す
オブジェクトに触れていれば動く

Updateの中で1度だけ実行

Cubeを作成し、サイズを変更します。

もう一つCubeを作成し、色を変更。

座標を変更します。

2つのオブジェクトがこのように配置されています。

PlayerMove.csを作成し、Playerに追加します。

PlayerMove.csを記述します。

ゲームプレイしてみましょう。

Parseを使って"f2"と指定しすれば、小数第二位で切った数値を見ることができます。

また、四つ角ごとに90°回転しなかればなりませんが、Updateの中であれば、一瞬の間に、何回も実行されることがあります。

そのため、xBoolとyBoolの2つのフラグを用意し、Updateの中で一度だけ実行できるようにしています。

関連記事:
触れている間はイベントを発生させる
床の外側に沿って移動をくり返す
オブジェクトに触れていれば動く