Unity事例ノート

UNITY

座標の小数値を端数処理して条件設定

以前の記事では、transform.positionを整数に変換して条件指定を行いました。

今回は、小数第2位に丸めた値で、if文による条件を設定してみましょう。

transform.positionによる移動の際、少数以下の端数が出ては、条件の設定がうまくいきません。

小数第2位までの値で取得すれば、以下のように、Positonでの条件指定が可能となります。

関連記事:
特定の座標まで行けば跳ね返る
座標を整数に変換して条件分岐
transform.positionの値を整数で取得
transform.positionの値を小数第2位で端数処理

transform.positionの小数値による条件設定

Cubeオブジェクトを用意します。

Cubeオブジェクトを用意し、CubeMove.csを追加しました。

CubeMove.csを記述しましょう。

float.Parseを使えば、少数以下の端数処理が可能になります。

ToString("f2")では、positionの値を小数第2位で丸めて、文字列に変換。

0.05ずつ移動しているため、if文による座標指定には0.05で割り切れる数値を入れましょう。

ゲームプレイして、動きを確認します。

if文を使って、座標による条件分岐が出来ました。

Updateの中で一回だけ実行させるために、XboolとZboolという2つのフラグを作成しています。

関連記事:
特定の座標まで行けば跳ね返る
座標を整数に変換して条件分岐
transform.positionの値を整数で取得
transform.positionの値を小数第2位で端数処理