Unity事例ノート

UNITY

距離に応じて2つ以上の条件を設定

特定のオブジェクトに対する距離によって、条件分岐できるように、スクリプトを作成してみましょう。

近づいた距離に応じて3つの条件を設定し、プレーヤーのマテリアルを変えていきます。

近づいたり離れたりすると、3段階で色が変わっていきます。

関連記事:
一定の距離に達したところで削除する
一定距離から外れたら実行する
オブジェクト間の距離を取得する
他のコライダーとの距離を取得

オブジェクトとの距離による条件設定

SphereとCubeを作成し、距離を離します。

CubeMove.csを作成し、Cubeに追加します。

CubeMove.csを記述します。

スフィアのフィールドに、Sphereを入れます。

ゲームプレイして、Cubeを動かしましょう。

Sphereとの距離によって、Cubeの色が変わります。

関連記事:
一定の距離に達したところで削除する
一定距離から外れたら実行する
オブジェクト間の距離を取得する
他のコライダーとの距離を取得