Unity事例ノート

UNITY

他のコライダーとの距離を取得

プレーヤーの現在地と、他のオブジェクトのコライダーとの距離を取得できるように、スクリプトを作成してみましょう。

他のオブジェクトのコライダーを取得した後、Vector3.Distanceを使用して、距離を算出します。

関連記事:
一定距離から外れたら実行する
一定の距離に達したところで削除する
ジャンプした距離を表示する
距離に応じて条件を設定
コライダーの無効化と有効化
Rayが当たった位置までの距離

他のコライダーを取得して距離を表示

空のオブジェクトを作成し、SphereColliderを追加します。

シーンビューでは、このように見えています。

続いて、プレーヤーとしてCubeを作成します。

SphereColliderから少し距離を離して配置します。

CubeMove.csを作成し、Cubeに追加します。

CubeMove.csを記述します。

スフィアコライダーのフィールドに、GameObjectを入れます。

ゲームプレイしてCubeを動かしましょう。

コンソールに、スフィアコライダーとの距離が表示されています。

オブジェクト間の距離は、Vector3.Distanceを使って算出します。

関連記事:
一定距離から外れたら実行する
一定の距離に達したところで削除する
ジャンプした距離を表示する
距離に応じて条件を設定
コライダーの無効化と有効化
Rayが当たった位置までの距離