Unity事例ノート

UNITY

コライダーの無効化と有効化

スクリプトから、コライダーのオンとオフを切り替えできるようにしてみましょう。

左クリックでスフィアコライダーが無効になり、右クリックで有効になります。

ゲームの中で、コライダーを表示したり、非表示にしたりするケースでは、頻繁に用いるコードです。

関連記事:
SphereColliderの大きさを変える
ボックスコライダーのサイズを変える
SphereColliderの大きさを変える
OnCollisionEnterとOnTriggerEnterの違い
他のコライダーとの距離を取得
触れた相手のコライダーを削除(無効にする)
る)オブジェクトの半分まで入れば実行
Colliderを使った接触判定

コライダーの表示・非表示

Sphereを作成し、スフィアコライダーを判別しやすいように、半径を変更します。

ColliderScript.csを作成して、Sphereに追加します。

ColliderScript.csを記述します。

ゲームプレイしましょう。

ゲームビューを左クリック、右クリックしながら、シーンビューで確認します。

コライダーの有効、無効が確認できました。

関連記事:
SphereColliderの大きさを変える
ボックスコライダーのサイズを変える
SphereColliderの大きさを変える
OnCollisionEnterとOnTriggerEnterの違い
他のコライダーとの距離を取得
触れた相手のコライダーを削除(無効にする)
る)オブジェクトの半分まで入れば実行
Colliderを使った接触判定