Unity事例ノート

UNITY

キー押下から押下までの秒数をはかる

キーやマウスを押下してから、次の押下までの時間を計測できるように、スクリプトを作成しましょう。

今回の例では、マウスの左ボタン押下の秒数を、コンソールに表示します。

クリックからクリックまでの時間が表示され、次のクリックでは0から計測がはじまります。

関連記事:
クリックするたびにタイマー作動
タイムアップでテキストを表示
ベストタイムを保持する
TextMeshProを使用したタイムアップのしくみ
触れるとn秒間だけ停止してテキスト表示
タイマーがn秒になれば出現
タイムアタックできる「カウントアップタイマー」
ベストタイム(最短時間)の更新とリセット
制限時間になれば停止する

マウス押下の間隔(秒)を表示する

空のオブジェクトを作成します。

TimeScript.csを作成し、GameObject(空のオブジェクト)に追加します。

TimeScript.csを記述します。

ゲームプレイして、コンソールで動きを確認しましょう。

ゲームビューをクリックすると時間計測がスタートし、次のクリックでストップ。

もう一度クリックすると、また0から計測を始めます。

isStopのフラグを用いて、スタートとストップを制御しています。

isStopがFalse、かつtimeが0秒よりも進んでいれば、タイマーを0に戻してリセット。

また最初から計測をはじめます。

関連記事:
クリックするたびにタイマー作動
タイムアップでテキストを表示
ベストタイムを表示する
TextMeshProを使用したタイムアップのしくみ
触れるとn秒間だけ停止してテキスト表示
タイマーがn秒になれば出現
タイムアタックできる「カウントアップタイマー」
ベストタイム(最短時間)の更新とリセット
制限時間になれば停止する

\ Udemyで講座はじめました /

Udemy わかる!Unity C# ゲーム開発講座

SCHOOL教室案内