Unity事例ノート

UNITY

ボタンを押せば一時停止

Updateの中でずっと動き続けるオブジェクト。

ボタンを押せば一時停止、もう一度押せば再び動き出すような機能をつくってみましょう。

関連記事:
クリックで動きを中断・再開する
スペースキーを押せばスタート
キーを押している間は動きを一時停止
ランダム出現をスペースキーで停止・再開
制限時間になれば停止する
Buttonでオブジェクトの色を変える

ボタンによる一時停止と再開

Cubeを作成し、Xをマイナス方向へ少しずらします。

CubeMove.csを作成し、Cubeに追加します。

Time.timeScaleの値を0にすれば、Pause(一時停止)が働きます。

CubeStop()を、ボタンのほうで実行して、isStopのフラグ切り替えを行っていきます。

ボタンの作成

ボタンを作成します。

ヒエラルキー > UI > Button

ボタンの位置を変えて、中央下に置きます。

クリック時()の設定を、以下の手順で行います。

ゲームプレイして、ボタンを押してみましょう。

ボタンを押せば一旦ストップ、もう一度押すと、再び動き出しましす。

関連記事:
クリックで動きを中断・再開する
スペースキーを押せばスタート
キーを押している間は動きを一時停止
ランダム出現をスペースキーで停止・再開
制限時間になれば停止する
Buttonでオブジェクトの色を変える