Unity事例ノート

UNITY

タイムアップでテキストを表示

制限時間でタイムアップすれば、TimeUpが表示されるカウントダウンタイマーを作成しましょう。

一度タイムアップの仕組みを作っておけば、いろいろな場面で活用できそうです。

関連記事:
制限時間になれば停止する
タイムアタックできる「カウントアップタイマー」
3つのオブジェクトを削除すればテキストを表示
タイマーによる成績で評価ランク
触れるとn秒間だけ停止してテキスト表示

タイマーのテキスト

UI > テキストを作成します。

テキスト名をTimerにして、色、フォントサイズ、位置を変更します。

このように配置されました。

ここにタイマーを表示させるので、NewTextの文字は消しておきます。

タイムアップのテキスト

もう一つ、UI > テキストを作成します。

テキスト名はTimeUpTextに変更。

テキストに「TIME UP」を入れ、色、フォントサイズ、位置を変更します。

このように配置されています。

最後にTIME UPのテキストは消します。

カウントダウンタイマー

空のオブジェクトを作成します。

CountDown.csを作成して、GameObject(空のオブジェクト)に追加します。

CountDown.csを記述します。

UIテキストを扱う場合、using UnityEngine.UI; を忘れずに書いておきましょう。

フィールドが2つ出来るので、ここにTimer、TimeUpTextのテキストオブジェクトを入れます。

プレイしてみましょう。

3秒から時間が減っていき、0秒でタイムアップになります。

deltaTimeを減算させて、数値をtimeに入れています。

テキスト表示させる際、"F1"を使って小数第一位の表示にしています。

関連記事:
制限時間になれば停止する
タイムアタックできる「カウントアップタイマー」
3つのオブジェクトを削除すればテキストを表示
タイマーによる成績で評価ランク
触れるとn秒間だけ停止してテキスト表示