Unity事例ノート

UNITY

タイマーによる数値で評価ランク

タイマーを止めたタイミングで、時間経過による成績を出し、それをランキングとして表示してみましょう。

カウントアップタイマーが動き出し、スペースキーで停止。

2秒以内ならAランク、5秒以内ならBランク、それ以上ならCランクとしてテキスト表示します。

関連記事:
ハイスコアをつくる
ベストタイムを表示する
ベストタイム(最短時間)の更新とリセット
タイムアタックできる「カウントアップタイマー」
タイムアップでテキストを表示

経過時間による成績ランク

タイマー用のテキストを作成し、名前をTimerTextに変更。

設定を以下のようにしました。

ゲームビューではこのように見えています。

続いて、ランキング用のテキストを作成し、RankTextと名前をつけました。

設定は以下のようにします。

ゲームビューではこのように見えています。

評価のテキストはスクリプトから表示させるので、「A」の文字は消しておきます。

空のオブジェクトを作成します。

TimerRank.csを作成し、空のオブジェクト(GameObject)に追加します。

TimerRank.csを記述します。

ゲームプレイして、スペースキーを押してみましょう。

2秒以内であれば「A」、5秒以内なら「B」、それ以上経過すれば「C」が表示されます。

関連記事:
ハイスコアをつくる
ベストタイムを表示する
ベストタイム(最短時間)の更新とリセット
タイムアタックできる「カウントアップタイマー」
タイムアップでテキストを表示