Unity事例ノート

UNITY

リストの中のオブジェクトを表示する

リストの中に格納したオブジェクトを、要素番号を指定して表示してみましょう。

Cubeを操作してぶつかると、オブジェクトが順にリストに追加。

数字キーで、該当の要素ナンバーを指定し、画面上に表示させます。

関連記事:
【Unity C#】ぶつかったオブジェクトの名前をリストに追加する
【Unity C#】配列にあるオブジェクトを要素番号で呼び出す
【Unity C#】配列をすべてリストに移す
【Unity C#】リストのオブジェクト名を一行でテキスト表示

Cubeを作成。

リジッドボディを追加し、UseGravityのチェックを外します。

わかりやすくするため、マテリアルカラーをつけました。

Sphere、Cylinder、Cupsuleを作成。

「Target」というタグを新規作成し、設定します。

それぞれコライダーで、「トリガーにする」にチェックを入れます。

3つのオブジェクトを動かして、Cubeから離して配置します。

CubeMove.csを作成し、Cubeに追加しましょう。

CubeMove.csを記述します。

今回は、0~2の数字キーに、それぞれ該当の要素を割り当てました。

ゲームプレイして、Cubeを操作しましょう。

他のオブジェクトに触れ、まずはmyListの中にオブジェクトを格納。

非表示になっているオブジェクトを、0、1、2の順に数字キーを押して表示させます。

関連記事:
【Unity C#】ぶつかったオブジェクトの名前をリストに追加する
【Unity C#】配列にあるオブジェクトを要素番号で呼び出す
【Unity C#】配列をすべてリストに移す
【Unity C#】リストのオブジェクト名を一行でテキスト表示