Unity事例ノート

UNITY

モグラ叩きのもぐらの動き

モグラ叩きで出てくるような、モグラの動きをつけてみましょう。

地面のエリア内をランダムで移動し、顔を出しては引っ込みます。

座標のランダム移動と、上下運動を順番にくり返すように、スクリプトを作成します。

関連記事:
【Unity C#】地面から出たり引っ込んだりする
【Unity C#】エリア内でランダム移動する

地面ともぐらの配置

地面を作成します。

Cubeを新規作成し、位置とサイズを変更します。

カプセルを新規作成し、位置を変更します。

シーンビューでは、ちょうどカプセルの頭が隠れて、見えなくなっています。

わかりやすいように、Cubeとカプセルに、それぞれマテリアルカラーをつけました。

メインカメラの配置と回転角を変え、オブジェクト全体が入るようにします。

もぐらたたきの動き

もぐら(Capsule)の動作は、スクリプトで作成します。

MoguraMove.csを作成し、Capsuleに追加します。

ゲームプレイしてみましょう。

地面の座標上、4.5×4.5の範囲内で、ランダム移動。

高さ(Y)は常に、-1.1に移動します。

移動した後、コルーチンを使って、徐々に上へ動いてから、下方向へ下がります。

2秒間待った後、またランダム移動を実行し、この一連の動きをくり返します。

関連記事:
【Unity C#】地面から出たり引っ込んだりする
【Unity C#】エリア内でランダム移動する