Unity事例ノート

UNITY

カードの表裏に別々の画像を表示

オブジェクトに別々の画像を表示させることはできません。

クアッドを用いて別々のオブジェクトを作成し、これを合体させて、カードのようなオブジェクトを作成してみましょう。

クリックするたびに、カードを180°回転させています。

関連記事:
画像(UI.Image)の設定項目
条件によって画像表示を切り替える
Resources.Loadを使ったファイル指定
画像データを使ってアニメーション作成
画像データをMaterialとして扱う方法

クアッドの作成

3Dオブジェクトから、クアッドを作成します。

XとYの方向に、サイズを拡げました。

新しくImageフォルダを作成し、ここに2種類の画像をインポートします。

右クリック > 新しいアセットをインポート

色違いのjpgファイルを2種類インポートしました。

Quadを複製し、名前をQuad2に変更。

Yを180°回転させました。

2つのQuadに、それぞれ別々の画像をドラッグ&ドロップします。

カードを回転させる

Quadを回転させて動きをつけてみましょう。

まずは、2つのQuadをグループ化します。

空のオブジェクトを作成します。

GameObjectをCardという名前に変え、座標を0にします。

Cardの中に、Quad1とQuad2をドラッグ&ドロップして、親子関係をつくります。

CardRotate.csを作成し、Cardに追加します。

ゲームプレイして、カードをクリックしてみましょう。

クリックするたびに、裏表がひっくり返り、別々の画像が表示されています。

関連記事:
画像(UI.Image)の設定項目
条件によって画像表示を切り替える
Resources.Loadを使ったファイル指定
画像データを使ってアニメーション作成
画像データをMaterialとして扱う方法