Unity事例ノート

UNITY

Prefabを取って削除する

次々と生成されるPrefabに対して、ぶつかれば削除できるように、スクリプトを作ってみましょう。

Cubeを動かして、落下してくるSphereオブジェクトに触れると消えます。

Prefabデータにはtagを用いて、当たり判定を作ります。

関連記事:
エリア内でランダム移動する
ランダムでPrefabのサイズを変える
1秒おきにランダムでボールを落とす
ランダムでPrefabの座標を変える
倒れると削除

Sphereプレハブの生成

PlaneとSphereを作成。

Sphereにはリジッドボディを追加します。

Sphereにマテリアルを付け、ヒエラルキーにドラッグ&ドロップしてPrefab化します。

Sphereの元データを削除しておきます。

Sphereのプレハブを選択し、Ballという名前でタグを付けます。

空のオブジェクトを作成。

SphereScript.csを作成し、GameObjectに追加します。

SphereScript.csを記述します。

Ballのフィールドに、Sphereを入れます。

ゲームプレイすると、2秒おきにランダムで落下します。

プレハブへの当たり判定

続いて、プレーヤーとしてCubeを作成します。

Y座標を変えて地上に出し、リジッドボディを追加します。

マテリアルを付けてわかりやすくしました。

ゲームビューではこのように見えています。

CubeMove.csを作成し、Cubeに追加します。

CubeMove.csを記述します。

ゲームプレイしてみましょう。

Cubeを動かし、Sphereを取りに行きます。

Ballタグの付いたSphereプレハブは、ぶつかると削除されます。

関連記事:
エリア内でランダム移動する
ランダムでPrefabのサイズを変える
1秒おきにランダムでボールを落とす
ランダムでPrefabの座標を変える
倒れると削除