Unity事例ノート

UNITY

数秒後にオブジェクトを出現させる

一つのオブジェクトが表示されてから、何秒か後に、また別のオブジェクトが表示される仕組みをつくりましょう。

スタートから1秒経過してSphereが出現。

Sphereが出現してから、2秒後にCubeが表示されます。

関連記事:
【Unity C#】ぶつかるとn秒間スピードアップ
【Unity C#】コルーチンを使って1秒後にテキストを消す
【Unity C#】Invokeを使ってn秒後に関数を実行する

〇秒経てば出現

SphrereとCubeのオブジェクトを作成し、横並びに配置しました。

続いて、空のオブジェクトを作成します。

ObjectActive.csを作成して、GameObject(空のオブジェクト)に追加します。

ObjectActive.csを記述します。

GameObjectを選択し、2つのフィールドにSphereとCubeを入れます。

ゲームプレイしてみましょう。

両方とも非表示からスタートし、1秒たてばSphereが表示。

Sphereの表示後にコルーチンを実行して、2秒後にCubeを表示させています。

関連記事:
【Unity C#】ぶつかるとn秒間スピードアップ
【Unity C#】コルーチンを使って1秒後にテキストを消す
【Unity C#】Invokeを使ってn秒後に関数を実行する