Unity事例ノート

UNITY

1秒経過しなければクリックで実行できない

キーやクリックを押しても、1秒間経たなければ実行できないように、スクリプトを作成してみましょう。

今回の例では、クリックによってCubeがジャンプします。

一度ジャンプすると、1秒経過しないと、次のジャンプが実行されません。

関連記事:
クリックすると1秒間だけ実行
ぶつかればn秒間ストップ
数秒後にオブジェクトを出現させる
Updateの中でn秒おきにずっと実行する
相手が動いている間、プレーヤーを動けなくする

1秒経てばクリック可能

planeとCubeを作成します。

Cubeにはリジッドボディを追加します。

CubeJump.csを作成し、Cubeに追加します。

CubeJump.csを記述します。

ゲームプレイしてみましょう。

いくらクリックを連打しても、1秒経たないと、ジャンプが実行されません。

関連記事:
クリックすると1秒間だけ実行
ぶつかればn秒間ストップ
数秒後にオブジェクトを出現させる
Updateの中でn秒おきにずっと実行する
相手が動いている間、プレーヤーを動けなくする