Unity事例ノート

UNITY

出現してから1秒後に落下する

出現したオブジェクトが、1秒後に落下するように、スクリプトを作成してみましょう。

クリックした位置にPrefabを生成。

表示してから1秒経過すると、IsKinematicがオフになり、ボールが落ちていきます。

関連記事:
動きが止まればn秒後に呼び出す
デリゲートを使ってn秒後に実行
Invokeを使ってn秒後に関数を実行する
1秒後にPrefabを削除する
数秒後にオブジェクトを出現させる

1秒経過すればIsKinematicをオフにする

Sphereを作成し、リジッドボディを追加します。

BallDrop.csを作成し、Sphereに追加します。

BallDrop.csを記述します。

Sphereをプロジェクトビューにドラッグ&ドロップして、プレハブ化します。

Sphereの元データは削除しておきます。

空のオブジェクトを作成します。

SpawnBall.csを作成し、GameObject(空のオブジェクト)に追加します。

SpawnBall.csを記述します。

Ballのフィールドに、Sphereのプレハブを入れます。

ゲームプレイして、クリックしてみましょう。

表示されたプレハブが1秒後に落下していきます。

関連記事:
動きが止まればn秒後に呼び出す
デリゲートを使ってn秒後に実行
Invokeを使ってn秒後に関数を実行する
1秒後にPrefabを削除する
数秒後にオブジェクトを出現させる