Unity事例ノート

UNITY

スタートから3秒後にプレーヤーを追いかける

ゲームスタートから数秒経過すれば、プレーヤーを追いかけてくるオブジェクトを作成しましょう。

スタートして3秒経つと、Cubeオブジェクトを追尾します。

関連記事:
エリア内にn秒間滞在すれば実行
一時停止のオブジェクトをn秒後に再始動
出現してから1秒後に落下する
動きが止まればn秒後に呼び出す
デリゲートを使ってn秒後に実行
Invokeを使ってn秒後に関数を実行する
数秒後にオブジェクトを出現させる
プレーヤーが動いた後、相手が動くしくみ

開始n秒後に追尾をはじめる

SphereとCubeを作成し、間隔をあけて配置します。

SphereMove.csを作成して、Sphereに追加します。

SphereMove.csを記述します。

ターゲットのフィールドに、Cubeを入れましょう。

これでスタートから3秒経過したあとに、Cubeを追いかけるようになります。

続いて、プレーヤーであるCubeを動かせるようにしましょう。

CubeMove.csを作成し、Cubeに追加します。

CubeMove.csを記述します。

ゲームプレイしてみましょう。

ゲームスタートの後、3秒経過すれば、SphereがCubeを追いかけていきます。

関連記事:
エリア内にn秒間滞在すれば実行
一時停止のオブジェクトをn秒後に再始動
出現してから1秒後に落下する
動きが止まればn秒後に呼び出す
デリゲートを使ってn秒後に実行
Invokeを使ってn秒後に関数を実行する
数秒後にオブジェクトを出現させる
プレーヤーが動いた後、相手が動くしくみ

\ Udemyで講座はじめました /

Udemy わかる!Unity C# ゲーム開発講座

SCHOOL教室案内