Unity事例ノート

UNITY

親オブジェクトと子オブジェクトの取得

親オブジェクト、子オブジェクト(1つだけ)を、スクリプトを使って取得してみましょう。

親子関係のある2つのオブジェクトについて、親は子を、子は親を取得して、コンソールに表示します。

関連記事:
非アクティブのオブジェクトを当たり判定で取得
落下中のオブジェクトのゆがみ

オブジェクトの準備

Cubeを作成します。

Cubeを右クリック > 3Dオブジェクト > スフィア

CubeとSphereで親子関係ができます。

親オブジェクトを取得

SphereScript.csを作成し、Sphereに追加します。

SphereScript.csを記述します。

親オブジェクトは、transform.parent.gameObject と書いて取得できます。

ゲームプレイして、Pキーを押してみましょう。

コンソールに、親オブジェクトであるCubeが表示されます。

子オブジェクトを1つだけ取得

親からみて、子オブジェクトは1つとは限りませんが、今回は、子が1つだけのケースとして作成してみます。

CubeScript.csを作成し、Cubeに追加します。

CubeScript.csを記述します。

子オブジェクトが1つだけの場合は、transform.GetChild(0).gameObject と書いて取得できます。

ゲームプレイして、Cキーを押してみましょう。

コンソールに、子オブジェクトであるSphereが表示されます。

関連記事:
非アクティブのオブジェクトを当たり判定で取得
落下中のオブジェクトのゆがみ