Unity事例ノート

UNITY

スペースキーを押せばスタート

特定のキー押すことによって、オブジェクトの動きがスタートするスクリプトを作ってみましょう。

スペースキーを押せばCubeが動き出し、もう一度おくと停止します。

スタートボタン以外のタイミングで、ゲームを開始したいときに使える仕組みです。

関連記事:
クリックで動きを中断・再開する
ボタン押している間だけ実行する
ボタンを押せば一時停止
キーを押している間は動きを一時停止
制限時間になれば停止する
ランダム出現をスペースキーで停止・再開

スペースキーによる開始と停止

Cubeを作成します。

SpaceMove.csを作成し、Cubeに追加します。

SpaceMove.csを記述します。

ゲームスタートしましょう。

スタートボタンを押しただけではCubeは動きません。

スペースキーを押すと動き出し、もう一度押せばストップします。

関連記事:
クリックで動きを中断・再開する
ボタン押している間だけ実行する
ボタンを押せば一時停止
キーを押している間は動きを一時停止
制限時間になれば停止する
ランダム出現をスペースキーで停止・再開