Unity事例ノート

UNITY

【Unity2D C#】スプライトレンダラーを取得してスプライト名を表示

ぶつかったオブジェクトのスプライトレンダラーを取得して、スプライトの名前を表示させましょう。

ベースボールを落とし、相手オブジェクトのスプライト名をコンソールに出します。

関連記事:
スプライトレンダラーを取得してスプライトを切り替え

触れたオブジェクトのスプライト名を表示

pngファイルを2つインポートし、それぞれヒエラルキービューにドラッグ&ドロップします。

両方のオブジェクトに、2Dコライダーを付けます。

ぶつかる側(ベースボール)に2Dリジッドボディを追加します。

DeleteSprite.csを作成し、BasaBallに追加します。

DeleteSprite.csを記述します。

ゲームプレイしてみると、コンソールに、テニスボールのスプライト名が表示されます。

関連記事:
スプライトレンダラーを取得してスプライトを切り替え