Unity事例ノート

UNITY

カリングマスクでレイヤーを順に追加

MainCameraの撮影できる対象に、CullingMaskの中のレイヤーを追加できるようにしましょう。

クリックするたびに、レイヤーが追加され、それぞれのレイヤーに属するオブジェクトが順に表示されます。

カメラ投影の対象を、カリングマスクから増やしていくスクリプトです。

関連記事:
【Unity C#】レイヤーによるMainCameraの非表示
【Unity C#】同じタグのついたオブジェクトだけを消す
【Unity C#】カリングマスクで複数レイヤーを投影





CullingMaskの対象レイヤーを追加

GameObject(空のオブジェクト)、Cube、Sphere、Capsule、Cylinderを作成します。

4つのオブジェクトを適当なところに配置します。

ゲームビューではこのように見えています。

レイヤー8~11に、以下の名前で作成します。

(後からレイヤー名を変更したいときは、「レイヤーを追加」からいつでも変更可能です。)

それぞれのオブジェクトに、違うレイヤーを設定します。

AddLayer.csを作成し、GameObjectに追加します。

AddLayer.csを記述します。

Camのフィールドに、MainCameraを入れます。

ゲームプレイしましょう。

画面をクリックするたびに、カリングマスクのレイヤーが追加され、該当のレイヤーが順に表示されます。

カリングマスクを見てみると、8番から順に追加されていることがわかります。

関連記事:
【Unity C#】レイヤーによるMainCameraの非表示
【Unity C#】同じタグのついたオブジェクトだけを消す
【Unity C#】カリングマスクで複数レイヤーを投影