Unity事例ノート

UNITY

移動してn秒間ストップをくり返す

往復運動する際に、A地点で数秒間停止した後に移動、そしてまたB地点で停止といった動作をくり返します。

今回の例では、Cubeが前方向へ移動して1秒間ストップ、後ろ方向へ動いてまた1秒間ストップをずっとくり返しています。

関連記事:
【Unity C#】ぶつかるとn秒間スピードアップ
【Unity C#】Updateの中でn秒おきにずっと実行する
【Unity C#】Updateを使わずにn秒おきにずっと実行する
【Unity C#】1秒おきにランダムで回転角を変える
【Unity C#】1秒おきにランダムでボールを落とす

移動先で1秒間停止する往復運動

Cubeを1個作成します。

CubeMove.csを作成し、Cubeに追加します。

CubeMove.csを記述します。

ゲームプレイしてみましょう。

進むたびにcounterを1ずつ増やし、100になれば1秒間停止。

moveにマイナスを掛けて、逆方向に移動します。

関連記事:
【Unity C#】ぶつかるとn秒間スピードアップ
【Unity C#】Updateの中でn秒おきにずっと実行する
【Unity C#】Updateを使わずにn秒おきにずっと実行する
【Unity C#】1秒おきにランダムで回転角を変える
【Unity C#】1秒おきにランダムでボールを落とす