Unity事例ノート

UNITY

発射したオブジェクトが壁にひっつく

発射したオブジェクトが跳ね返らず、壁にひっつくように、プログラムを作ってみましょう。

今回の例では、クリックでSphereを飛ばし、前方の壁にぶつかれば、落下せずに、そのまま張り付きます。

落下せずに張り付くオブジェクト

Cubeを作成し、サイズと位置を変更します。

ゲームビューでは、このように見えています。

Sphereを作成し、リジッドボディを追加。

BallScript.csを作成し、Sphereに追加します。

BallScript.csを記述します。

Sphereをプロジェクトビューにドラッグ&ドロップし、プレハブ化します。

Sphereの元データは削除します。

空のオブジェクトを作成します。

BallSpawn.csを作成し、GameObject(空のオブジェクト)に追加します。

BallSpawn.csを記述します。

プレハブのフィールドに、Sphereを入れます。

ゲームプレイしてみましょう。

クリックでボール発射。

壁にぶつかると、ボールがその位置で止まり、落下したり跳ね返ったりしません。

\ Udemyで講座はじめました /

Udemy わかる!Unity C# ゲーム開発講座

SCHOOL教室案内