Unity事例ノート

UNITY

Fire1の入力を扱う

Fire1の入力を扱ってみましょう。

Input.GetButton("Fire1") では、左Ctrlキーまたは左クリックの入力を、Bool型で取得することができます。

今回の例では、Fire1の入力状態で、オブジェクトをSphereに変えます。

関連記事:
ボタン押している間だけ実行する

Fire1入力はBool型

事前に、Fire1の入力について確認してみましょう。

編集 > プロジェクト設定 > InputManager > Fire1

キーボード操作では、「left ctrl」左Ctrlキー、「mouse 0」左クリックなどがデフォルトで設定されています。

これらの入力を使い、スクリプトを作成しましょう。

CubeとSphere、空のオブジェクトを作成します。

FireInput.csを作成し、GameObject(空のオブジェクト)に追加します。

FireInput.csを記述します。

キューブとスフィアのフィールドに、それぞれオブジェクトを入れます。

左Ctrlキーまたは、マウスの左クリックを押したままにすると、Sphereが表示されます。

関連記事:
ボタン押している間だけ実行する