お電話でのお問い合わせ
電話をかける
電話をかける メニューボタン
学習コンセプトカリキュラム・料金教室紹介無料体験授業

フタバゼミ
ゼミノート

【Unity C#】ベイクできない場合の留意点

歩行エリアを検出してキャラクラーの自動追尾を実装できるナビゲーション。

実装はとても簡単なのですが、ちょっとした手違いで、ナビメッシュが表示されないこともあるんですね。

今回は、キューブ(黄)と平面(白)2つのオブジェクトを使い、ベイクの留意点について見ていきましょう。

静的にチェック

まずはオブジェクトを選択し、インスペクターウィンドウ右上の「静的」にチェック。

地面や床として扱うような、平面オブジェクトも忘れずチェックを入れましょう。

ナビゲーションウィンドウの「ベイク」からBakeボタンを押し、ナビメッシュを検出します。

キズモをONに

いくらベイクしても、ナビメッシュが表示されないケース。

キズモをOFFにしていないか、確認しましょう。

キズモは、シーンビューの表示を担っている設定項目。

これをONにしなければ、いくらBakeボタンを押してもナビメッシュは表示されません。

オブジェクトが埋まっている

ナビメッシュは検出されているけれど、変なところまで表示されているケース。

ナビゲーションの設定しだいでは、オブジェクトが重なっている(埋もれている)ことが原因かもしれません。

オブジェクトを動かし、重なりを避けることで、正常に表示します。

細かいナビゲーション設定が影響していることもありますが、まずは以上の留意点をきっちり確認しましょう。