お電話でのお問い合わせ
電話をかける
電話をかける メニューボタン
学習コンセプトカリキュラム・料金教室紹介無料体験授業

フタバゼミ
ゼミノート

【Unity C#】0.1秒おきにゆっくり拡大

オブジェクトのサイズを徐々に大きくする方法について見ていきましょう。

今回の方法でも、コルーチンによる「○秒待つ」とfor文を入れて作成します。

オブジェクトが少しずつ大きくなり、約2倍サイズのところでストップします。

コルーチンで秒おきのループ

CubeScale.csを用意して、Cubeオブジェクトに追加しましょう。

Unityのfor文については、「for(初期化;条件式;反復子)」

条件式は、「その条件を満たしている間は実行する」という意味合いになります。

今回の例では、iが2より小さい間は処理がループされます。

プレイしてみましょう。

コルーチンで0.1秒待つを繰り返し、ゆっくりとした動きをつけることができました。

関連記事:【Unity C#】1秒おきにオブジェクトを3個生成