Unity事例ノート

UNITY

Textを透明から徐々に出現(フェードイン)

Textが隠れている状態から、少しずつ出現するように、スクリプトを作成してみましょう。

今回の例では、TextMeshProを用いて、透明状態からGameOverの文字が徐々に浮かび上がってきます。

関連記事:
テキストを点滅させる
テキストの色をスクリプトから変更
TextMeshProのカラー設定
オブジェクトの色を点滅させる
オブジェクトを徐々に透明にする
テキストを回転させて表示
Textオブジェクトをスケールアップ

TextMeshProを作成

まずはTextMeshProをインポートしましょう。

ヒエラルキー > UI > TextMeshProを選択します。

TMP Importの画面が出ますので、Import TMP Essentialsをクリックしましょう。

Assets内に、TextMeshProのフォルダが確認できます。

Text(TMP)のサイズや色、配置を変更しました。

テキスト入力欄は消しておきます。

CanvasのUIスケールモードを「画像サイズに拡大」にすると、画面サイズに応じてテキストの大きさが自動調整されます。

TextMeshProをフェードイン

空のオブジェクトを作成します。

TextScript.csを作成し、GameObject(空のオブジェクト)に追加します。

TextScript.csを記述します。

GameOverTextのフィールドに、Textオブジェクトを入れます。

ゲームスタートして、表示を確認しましょう。

最初は透明からはじまり、少しずつ文字がはっきりしていきます。

Color32()の中には、RGBAの値が入ります。

Aの数値は透明度(アルファ)を表し、0~255の範囲で設定。

今回の例では、A値を1ずつ255回ループさせて、フェードインを表現しました。

関連記事:
テキストを点滅させる
テキストの色をスクリプトから変更
TextMeshProのカラー設定
オブジェクトの色を点滅させる
オブジェクトを徐々に透明にする
テキストを回転させて表示
Textオブジェクトをスケールアップ

\ Udemyで講座はじめました /

Udemy わかる!Unity C# ゲーム開発講座

SCHOOL教室案内