Unity事例ノート

UNITY

識別番号によって処理を切り替える

同じスクリプトを持つ複数のオブジェクトに対し、識別番号をつけることで、処理を切り分けられるようにしましょう。

3つのCubeに対して、ジャンプ動作する同一のスクリプトを追加。

それぞれのCubeに番号をつけることで、キー操作を切り替えできるようにしています。

関連記事:
配列のオブジェクトをキー操作で切り替える
キー操作で複数オブジェクトの表示を切り替え
3つのスポットライトをキー操作で点灯
1個のボタンでオブジェクトを切り替える
switch文を使ってオブジェクトを切り替え
ボタンでオブジェクトを切り替える(ボタン2個)

ナンバーを付けてキー操作を分ける

PlaneとCube3個を作成します。

Cubeは横並びに置いて、それぞれ名前をCube1~3に変更。

3個すべてにリジッドボディを追加します。

ゲームビューではこのように見えています。

左から順番に配置しました。

CubeJump.csを作成し、3個のCubeに追加します。

CubeJump.csを記述します。

数のフィールドにそれぞれ、1、2、3と番号をつけます。

ゲームプレイして、1、2、3のキーを押してみましょう。

それぞれの数字キーの番号に合わせて、Cubeのプログラムが実行されます。

関連記事:
配列のオブジェクトをキー操作で切り替える
キー操作で複数オブジェクトの表示を切り替え
3つのスポットライトをキー操作で点灯
1個のボタンでオブジェクトを切り替える
switch文を使ってオブジェクトを切り替え
ボタンでオブジェクトを切り替える(ボタン2個)