Unity事例ノート

UNITY

キーを長押しでn秒おきに発射

ボタンを長押ししている間、n秒おきに発射する仕組みをつくってみましょう。

今回は、スペースキーを押し続けると、1秒おきに自動でボールを発射するようにします。

関連記事:
n秒おきに発射をくり返す
Updateの中でn秒おきにずっと実行する
Updateを使わずにn秒おきにずっと実行する
配列のオブジェクトをn秒おきにすべて出現
指定の座標からn秒おきに発射

キーを押しっぱなしで自動発射

Cubeを作成します。

Sphereを作成し、リジッドボディを追加します。

Sphereをプロジェクトビューにドラッグ&ドロップし、プレハブに変換します。

Sphereの元データは削除しておきます。

BallShot.csを作成し、Cubeに追加します。

プレハブのフィールドに、Sphereのプレハブデータを入れます。

ゲームプレイしましょう。

スペースキーを押しっぱなしにすると、1秒おきにボールが発射されます。

関連記事:
n秒おきに発射をくり返す
Updateの中でn秒おきにずっと実行する
Updateを使わずにn秒おきにずっと実行する
配列のオブジェクトをn秒おきにすべて出現
指定の座標からn秒おきに発射