Unity事例ノート

UNITY

発射したオブジェクトを回転させる

発射したPrefabデータが、回転しながら動いていくように、スクリプトを作成してみましょう。

スペースキーでCubeを発射すると、オブジェクトが自転しながら移動していきます。

関連記事:
自転しながら公転させる
発射したボールをカーブさせる

自転しながら動く

Cubeを作成します。

リジッドボディを追加し、UseGravityのチェックを外します。

CubeRotate.csを作成し、Cubeに追加します。

CubeRotate.csを記述します。

Cubeをプロジェクトウィンドウに、ドラッグ&ドロップして、Prefab化します。

Cubeの元データは削除します。

発射元のスクリプト

空のオブジェクトを作成します。

CubeShot.csを作成し、GameObjectに追加します。

CubeShot.csを記述します。

プレハブのフィールドに、CubeのPrefabデータを入れます。

ゲームプレイして、スペースキーで発射しましょう。

オブジェクト自体が回転しながら、発射されます。

関連記事:
自転しながら公転させる
発射したボールをカーブさせる