Unity事例ノート

UNITY

画像をスクリプトで動かす

インポートしたオリジナル画像を、スクリプトを使って動かしてみましょう。

矢印の画像をゆっくり、上下に反復するように動きをつけてみます。

関連記事:
【Unity C#】画像(UI.Image)の設定項目
【Unity C#】クリックで画像を拡大する
【Unity C#】画像をクリックしてURLを開く

画像のインポート

UI > 画像 からImageオブジェクトを作成します。

Imageエリアが矩形で作成されるので、これを中央に配置します。

画像をインポートします。

Assetsの中で右クリック > 新しいアセットをインポート

今回は矢印の透過Pngをインポートしました。

テクスチャタイプを「スプライト(2DとUI)」に変更します。

「インポート設定が適用されていません」というダイアログは、適用するを選択します。

Imageを選択し、ソース画像からインポート画像を選択します。

矩形内に、画像が表示されました。

画像を移動させるスクリプト

続いて、画像を移動させるスクリプトを作ります。

まずは、空のオブジェクトを作成しましょう。

ArrowMove.csを作成し、GameObject(空のオブジェクト)に追加します。

ArrowMove.csを記述します。

GameObjectを選択し、ArrowフィールドにImageを入れます。

画像のRectTransformを取得するには、RectTransformで変数宣言します。

counterが100になれば、moveに-1を掛け、逆方向に移動します。

ゲームプレイしてみましょう。

上下の反復移動をくり返しています。

関連記事:
【Unity C#】画像(UI.Image)の設定項目
【Unity C#】クリックで画像を拡大する
【Unity C#】画像をクリックしてURLを開く