Unity事例ノート

UNITY

発射したボールの飛距離を算出する

ボールを発射して、飛んだ距離を測定できるプログラムを作ってみましょう。

発射にはRaycastを使用し、クリックのタイミングと、ボールの落下位置(Y座標0)との距離を算出。

コンソールに飛距離を表示します。

関連記事:
ジャンプした距離を表示する
一定の距離に達したところで削除する

飛距離を測定するスクリプト

空のオブジェクトを作成します。

Sphereを作成し、リジッドボディを追加します。

BallDistance.csを作成し、Sphereに追加します。

BallDistance.csを記述します。

Sphereをプロジェクトビューにドラッグ&ドロップして、Prefabデータにします。

Sphereの元データは削除します。

BallShot.csを作成して、GameObjectに追加します。

BallShot.csを記述します。

GameObjectを選択しすると、プレハブのフィールドが出来ています。

ここに、Sphereのプレハブを入れます。

ゲームプレイしてみましょう。

上の方にむかって、マウスクリックして発射。

Y座標0のところでボールが消え、左下のコンソールに飛距離が表示されます。

関連記事:
ジャンプした距離を表示する
一定の距離に達したところで削除する