Unity事例ノート

UNITY

同じサイズだけ位置をずらしてPrefab生成

Prefabのサイズと同じ距離をずらしながら、生成をくり返せるように、スクリプトを作りましょう。

今回の例では、Sphereのサイズ分だけ横にずらして、プレハブ生成を行います。

関連記事:
1秒経てば0.5秒おきに実行する
複数ポイントからランダムでPrefab生成
複数地点から順番にPrefabを生成

Prefabのサイズ分だけ移動

Sphereを作成。

プロジェクトビューにドラッグ&ドロップし、Prefab化します。

Sphereの元データは削除しておきます。

空のオブジェクトを作成します。

BallSpawn.csを作成し、GameObject(空のオブジェクト)に追加します。

BallSpawn.csを記述します。

Ballのフィールドに、Sphereを入れましょう。

ゲームプレイして、動きを確認しましょう。

1秒経過してから、0.5秒おきにSphereを生成。

生成されたオブジェクトは、そのサイズ分だけ横移動していきます。

関連記事:
1秒経てば0.5秒おきに実行する
複数ポイントからランダムでPrefab生成
複数地点から順番にPrefabを生成

\ Udemyで講座はじめました /

Udemy わかる!Unity C# ゲーム開発講座

SCHOOL教室案内