Unity事例ノート

UNITY

種類の違うオブジェクトを順番に生成する

配列をつくり、種類の異なるPrefabを、順番に生成するしくみを作りましょう。

5種類のオブジェクトを用意し、これをクリックで順番に出現させてみます。

配列の個数分を順番に出現

ヒエラルキーから空のオブジェクト(GameObject)を作成します。

色違いでCubeのPrefabを5個つくりました。

ClickCube.csをつくり、GameObjectに追加。

GameObjectのインスペクターを確認すると、CubeArrayに「サイズ」という項目が出ています。

ここに5を入力してEnterを押します。

すると、要素0~4までのフィールドが出来上がりました。

ここに、CubeのPrefabデータをドラッグ&ドロップしていきましょう。

プレイして動きを確認します。

要素0番に入れたプレハブから、順番に出現しています。

count変数でクリック数をかぞえて、要素番号を指定しながら、Instantiateで生成しています。

「配列変数.Length」を使えば、配列の数を取得することができるんですね。

これを使って、クリック数が5を上回れば、オブジェクト生成できないように制御しています。