Unity事例ノート

UNITY

常にプレーヤーの方を向くオブジェクト

ゲームプレイ中、ずっとプレーヤーのいる方へ向きを変えるオブジェクトを作ってみましょう。

今回の例では、Sphereをプレーヤーとして操作。

Cubeはプレーヤーのほうを見続けながら回転します。

関連記事:
自機狙い(プレーヤーに向けた)発射 -3Dゲーム

ターゲットを照準に向きを変える

SphereとCubeを作成し、少し距離をとります。

まずはCubeからスクリプトを作成しましょう。

CubeRotate.csを作成し、Cubeに追加します。

CubeRotate.csを記述します。

Playerのフィールドに、Sphereオブジェクトを入れましょう。

これで方向の照準として、Sphereを設定できました。

プレーヤーの動き

続いて、プレーヤー(Sphere)を、十字キーで動かせるようにします。

SphereMove.csを作成し、Sphereに追加します。

SphereMove.csを記述します。

ゲームプレイして、Sphere(プレーヤー)を操作してみましょう。

Cubeは、Sphereのほうを見ながら、ずっと向きを変え続けます。

関連記事:
自機狙い(プレーヤーに向けた)発射 -3Dゲーム