Unity事例ノート

UNITY

2つの座標(目的地)へ行く

オブジェクトを、指定した2つの座標(地点)まで行くように、スクリプトを作成してみましょう。

左右クリックで、目的地点を切り替え、オブジェクトはそこへ向かって行きます。

関連記事:
行き帰りできるムービングウォーク
ターゲットに向かって直線的に進む方法
空間の中でクリックした位置へ行く
触れると他の位置へワープする
キーを押すと特定の位置にワープ
2点間の往復運動をくり返す
指定した座標(目的地点)へ行く
マウスカーソルの方へ向ける
常にプレーヤーの方を向くオブジェクト
触れると2地点を行き来するオブジェクト
斜め上に向けて自動移動

2つの地点をMoveTowardsで行き来する

Sphereを作成します。

SphereMove.csを作成し、Sphereに追加します。

SphereMove.csを記述します。

ゲームプレイして、左右クリックしてみましょう。

上の目的地と下の目的地、それぞれクリックで切り替え、それに向けてSphereが進んでいきます。

関連記事:
行き帰りできるムービングウォーク
ターゲットに向かって直線的に進む方法
空間の中でクリックした位置へ行く
触れると他の位置へワープする
キーを押すと特定の位置にワープ
2点間の往復運動をくり返す
指定した座標(目的地点)へ行く
マウスカーソルの方へ向ける
常にプレーヤーの方を向くオブジェクト
触れると2地点を行き来するオブジェクト
斜め上に向けて自動移動