Unity事例ノート

UNITY

ボタンを押すとオブジェクトの座標を変える

このページは、【Unity C#】オブジェクトの表示・非表示をベースに作成します。

前回記事:【Unity C#】オブジェクトの表示・非表示

前回は、地面に落ちたらボタンが出現する仕組みを作成しました。

これを元に今回は、ボタンを押すとボールが上に移動するスクリプトを作成します。

オブジェクトの座標を変えるスクリプトをつくり、これをボタン側で呼び出せるようにします。





オブジェクトの座標を変えるスクリプト

ButtonActiveのスクリプトを編集しましょう。

新しく追加したコードには、コメントを入れています。

ボタンの設定

Buntonオブジェクトを選択し、Buttonコンポーネントを以下のように設定します。

ボタンクリックで、ButtonActive.cs の中のBallUp()を実行させます。

プレイして動きを見てみます。

ボタンを押すと、SphereオブジェクトがY座標5の高さまで移動します。