Unity事例ノート

UNITY

画像データをMaterialとして扱う方法

3Dオブジェクトに画像を適用させる手順について、見ていきましょう。

今回はインポートしたjpgファイルを、Materialで設定して、オブジェクトに追加します。

Assets内にImageフォルダを作成し、右クリック > 新しいアセットをインポート。

画像データを読み込みます。

Shaderの設定

続いて、Assets内に、Materialsという名前のフォルダを作成。

このフォルダ内に、新しくマテリアルを作成。

名前はCubeMaterialとしました。

CubeMaterialを選択して、インスペクターを確認します。

最上部に、Shaderの項目があります。

Shaderとは、Unity上の描画方法を記述したプログラム。

デフォルトはStandardとなっています。

ここを、Legacy Shader > Diffuse と選択しましょう。

すると、インスペクターが以下のように変わります。

テクスチャのエリアに、jpgファイルをドラッグ&ドロップしましょう。

Materialを確認してみると、このように画像の柄が適用されています。

あとはCubeMaterialを、3Dオブジェクトにアタッチするだけ。

オブジェクトに画像が入っています。

たとえば、CubeMaterialのタイリングの数値を変えることで、画像の大きさを調整できます。

XとYをそれぞれ0.5に変えると、図柄が大きく表示されています。