Unity事例ノート

UNITY

カメラを旋回しながら自動追従させる

前回記事の、円状の動きについて、これを追尾するカメラをつくってみましょう。

円状に動かす2

追尾するカメラについては、カメラの自動追従 でもご紹介していました。

今回は、ターゲットの向きに応じて、カメラ自体も旋回させるように制作していきます。

関連記事:
ナビメッシュエージェントを使った追尾機能
キーを押すたびにカメラアングルを切り替え
ぶつかればカメラをズームアップ
MainCameraがオブジェクトを追従
キャラクターを円状に動かす方法1
キャラクターを円状に動かす方法2
ターゲットの周囲を円形に移動する

追従したいオブジェクト情報を取得

追従している様子がわかりやすいように、平面オブジェクトを入れました。

MoveCamera.csを作成し、MainCameraに追加しましょう。

実行しましょう。

シーンビューを上部から確認すると、カメラ自体が回転しながら、追尾しています。

ゲームビューはこのように見えています。

transform.RotateAroundには、中心点、軸、回転角度、を順に書いていきます。

中心点には、追いかけたいオブジェクトを設定しましょう。

関連記事:
ナビメッシュエージェントを使った追尾機能
キーを押すたびにカメラアングルを切り替え
ぶつかればカメラをズームアップ
MainCameraがオブジェクトを追従
キャラクターを円状に動かす方法1
キャラクターを円状に動かす方法2
ターゲットの周囲を円形に移動する